本を読んでいる女性

夢占いで前向きになろう

四ツ葉のクローバー

夢は、人が寝ている間に脳が一日起きたことを整理する際に見ると言われています。夢を見ていないと表現されることは多々ありますが、これは夢の内容を覚えていないだけで、実際には脳は夢を見ている(=整理している)と言われています。過去経験したことや見聞きしたことをも巻き込んで整理をするので、夢の内容はある程度のストーリーを持ちつつもぐちゃぐちゃになっているのが特徴です。 夢占いとはこの夢の内容を元に、今後何が起きるのかを判断したり、自分の悩みに気付くメッセージとして判断したりします。例えば”落下する”夢は心に不安や恐怖があることを示しますが、このイヤな内容の夢を見た(覚えている)ということは、自身がストレスに晒されているからかもしれません。ストレスに晒されているからこそ、不吉な内容は覚えている可能性もあります。 占いは相談者が自身の潜在意識に耳を傾ける手段に過ぎません。夢占いも同様です。夢占いは自分自身が占いの道具のようなもので、無料で行えるメリットがあります。せっかく無料で行えるのですから、積極的に自分自身の心の声に耳を傾けて、前向きに解釈してみてはいかがでしょうか。

夢占いの歴史は古く、旧約聖書に神のお告げとして紹介されたり、古代北欧や東洋でも夢は何らかのお告げとして解釈されてたりしていました。近代では精神医学者による研究が行われ、現在でも夢占いに関する分析は盛んに行われています。 現実で経験したことなどが夢に反映されているとしたら、現代人には現代人に合った解釈が必要です。無料夢占いをしてもらう場合には、現代的な解釈・分析をしている例を参考にしたほうが良いと思います。夢占いで未来を占えるか、という事に関心を抱く人は多いと思いますが、自分の内に眠るメッセージに気付くことで、近い未来〜将来への軌道修正が可能になると考えた方が無難だと思います。例えば事故の夢を見たらほとんどの方が不吉に感じるでしょう。現実で事故には遭いたくないですから、慎重に行動するよう襟を正す。自分の行動を省みる機会を与えてくれるのが夢かもしれません。無料夢占いでは夢の解釈が多岐に渡っているかもしれませんが、自分にしっくり来るものを選び、役立てると良いと思います。

水晶玉

よく分かる!占星術の歴史

占いの歴史はとても長く、紀元前から始まったと言われています。歴史を紐解くと、占いの世界がますます身近に感じられるでしょう。今回は、占星術の歴史を4段階に分けてご紹介したいと思います。